読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き顔も笑顔

網膜芽細胞腫により右眼が義眼の次女と、姉、妹、三姉妹を持つ母の日記

検診とラーメン

病気について 食べ物のこと
今日は半年振りの国立がんセンター
眼腫瘍科検診の日でした。
何だか混んでいて、いつもよりたくさん待ちました。
待合室で、壁に貼ってある「すくすくの会」(網膜芽細胞腫の子供を持つ親の会)のポスターを見ていたら啓発活動について書いてあり、お住いの地域の保健所や小児科等にポスターを貼ってもらって下さいとある。
やっぱり保健所だろうが小児科だろうが認知度低いんだろうなと。仕方ない事なのか?

本日も次女、三女共に検査結果は異常無し。
次回はまた半年後11月になりました。
次女はこの先も検診が必要だけれど、三女は3,4歳迄見ればその後は必要ないでしょうとの事。
それは良い知らせ。次女の視力も1.0あるそうです。(前回の視力検査は0.6でした)

混んでいたので、会計も60人待ち
と言っても案外すぐなのですが、ただ待ってるだけも辛いので築地を見に。
いつも並んでいる「井上」と言うラーメン屋が思いの外並んでいなかったので、ちょっと並んでみました。
f:id:kamehira:20160518224313j:image
今時のじゃない、昔ながらの中華そばの味であら美味しい。これは並びますね。以前からずっと気になっていたので食べれて良かった!
大抵、検診は水曜日なのですが、築地のお休みも水曜日が多くて築地がやってるプラス並べる範囲が重なって今回初食べれました。