読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き顔も笑顔

網膜芽細胞腫により右眼が義眼の次女と、姉、妹、三姉妹を持つ母の日記

よみがえる記憶

次女が後頭部を割る事件から一週間が過ぎ、抜糸?に行ってきました。
縫った訳では無いから何と言うのか…
ホチキスの針みたいなものを取りに。

留めるときはどの様にやったのか、外に出されて見せてもらえませんでしたが、今回は同室でした。

ハサミみたいな物で
針の真ん中をパチンと挟むと両脇が上がると言う感じ。
麻酔ナシだから、確実に痛いよね…
頭を抑えられながら、なんとか5つ程の針を取りました。それぞれの穴からの出血が痛々しいけど、パックリ傷がくっついて良かった。

もうこんな怪我をする事が無い様、祈ります。なんだか右眼摘出手術当日の事を思い出しちゃいましたしね。
こんなガサツ母でも思い出すと涙が出るのです。