泣き顔も笑顔

網膜芽細胞腫により右眼が義眼の次女と、姉、妹、三姉妹を持つ母の日記

恥ずかしい親

子供のアイカツフォンルックでゲームをしていました。

簡単なパズルゲームで何となくの暇つぶし、数分の。

失敗、成功、大成功しかありません。

音でも結果がわかります。

もちろん大成功狙いで。

珍しく、失敗をだした時

隣に座っていた次女がクスッと笑いました。

何よ〜!と私

次女はコタツの中の犬に足を舐められたと。

「なんだ、失敗を笑ったんじゃないんだ」

「なんで?」

人の失敗を何故笑うの?といった反応。

なんだかとっても恥ずかしい気分になった母なのでした。