泣き顔も笑顔

網膜芽細胞腫により右眼が義眼の次女と、姉、妹、三姉妹を持つ母の日記

10ヶ月健診

三女の10ヶ月健診に行ってきました。

集団健診です。

本当に少子化?ってくらい子供がいます。

都会じゃないからかな〜

次女を連れて3人で行ってきました。

三人目ともなると、久しぶりとは言え新鮮味も無くこんなもんだよね〜って感じです。

体重、身長を測って

月齢にあった成長ぶりか見て

乳児って個人差のある時期だから、歩ける子もいれば、うちみたいにまだつかまり立ちも出来ない子もいて。

でも、それって大して心配するようなコトじゃない気がするのですが。

1人目だったらやはり心配なんですかね?

忘れてしまいました…

長女も次女も歩き出すのが遅めだったので、三女の「つかまり立ちが出来ていない」を全然心配していなかったのですが、要経過観察みたいな感じで言われました。

隣に座っていた次女を見て

お姉ちゃんは斜視が入っているのかな?

いえ、義眼です。

そうですか…

それ以上は触れられず

もう少し、乳幼児がかかる可能性のある病気のお知らせなんかがあってもいいんじゃないかな〜とやっぱり思ってしまいました。

最後にいろいろなチラシ?を渡される中の1枚に追加するとか、会場の壁にポスター貼るとか。

全然、浸透してないですもんね

網膜芽細胞腫

お手伝い風のおばあさんに

二人とも目が綺麗ね〜と言われました。

以前、右眼摘出前にバスの中で、隣に座ったおばあさんに同じように目が綺麗ね〜と言われた次女。

摘出することが決まっていた時だったので、有難いけど、せつない言葉でした。

それを思い出してまたちょっと切ない気分になった母なのでした。