読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き顔も笑顔

網膜芽細胞腫により右眼が義眼の次女と、姉、妹、三姉妹を持つ母の日記

小麦粉依存性です

食べ物のこと

パンが大好きです。

パンさえあれば生きていけると本気で思っていた時期もありました。

クロワッサンも食パンも菓子パンも何でもOK

しいて言えば見た目のオシャレさより生地が美味しいコトが一番です。

VIRONやPAUL、メゾンカイザーも大好きですが、地元にある昔からのパン屋さんも好きです。

結婚して今のところに来たとき

商店街で古ぼけたパン屋さんを見つけました。

たぶん、パッと見、パン屋があるのには気付かないかも。実際、地元の旦那は知らなかった。

パン屋臭覚だけはある私。

パンが並んでいるのが見えたので、覗いてみたけど、値札が無い…

パン屋ってパンの説明が書いてあったりする札かせめて値札があるのに、その店はただパンが並んでいるだけ。

ちょっと入るのに勇気がいるな〜と発見初日は断念。

何度か店の前を通って、やはり気になるので意を決して入店。

入る気満々で突進して行ったので、電気がついていない事にも気付かず。

「今、電気つけますね〜」とおばさんに言われて、まだ開店前?と思いましたが、既に時間は正午近く。開店時間は何時なんだい?

やはりパンには何の説明もなく、値札も無い。

まずは試しに3個ほどトレイにのせてレジへ。

「コレ、メロンパンじゃないですけどいいですか?」

メロンパンが少し平たくなったようなパンを指して言われたので「はい」(としか答えようがない)

結果、3個で400円しなかったと記憶しています。

メロンパンではないパンは上がメロンパン生地で中に甘納豆が入っていた!

細長くてコーンやチーズが乗ったパンは中にエリンギらしいものやコーンや玉ねぎ、そしてピンクの何か(タラコか?)やらが入っていた。

もう一つはチーズの上に砂糖が乗っていて、なかはクリームチーズとここにも何かピンクのものが入っていた。(チーズと砂糖がすごく合う!)

どれも説明しずらい物ばかり

だけど、どれも衝撃的に美味かった!

パンのもちもちさ加減がすごい。重みがある。

パサパサ感ゼロで私の好きなタイプだった。

即、大好きパン屋にランクインです

おじいさん1人で焼いていて、娘?奥さん?が店を切り盛りしている様。おじいさんは足が悪い様だしかなり高齢らしく、昼頃でもあまりパンが焼き上がっていない。

定休日も不定期だそう。

我が家からだと大人の足でも30分はかかるし、車を停めるところも無いので、子供がいるとなかなか行きづらい店なので最近はご無沙汰です。

パンがくっついて焼き上がっていたり、失敗ですよね?って位黒くなっていたり、中の具が偏っていたり、店もとても綺麗とは言えない、一般うけしない店ですが、私の大好きなパン屋の一つです。

もともと値段が分からないけど、値上がりしたようです。

ご主人が高齢だし、後を継ぐ人もいなそうなので、後何回食べれるかしらと思ってしまう母なのでした。