読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き顔も笑顔

網膜芽細胞腫により右眼が義眼の次女と、姉、妹、三姉妹を持つ母の日記

第一子出産のとき

2007年の話です。結構まえですね

いろんな方のブログを読ませてもらって

出産の苦労やうつについての話題が多く目についたので、ワタクシも…

妊娠発覚は脱水症状による入院でした。

ようはツワリです。

結婚前だったので、一応相談。

旦那は産みましょう、結婚しましょうで迷い無し。どちらかと言えば私の方が出産⁉︎とピンとこない感じでした。旦那は私より11歳年下です。

年齢差と当時旦那は無職だったため、私の母が結婚に反対。いい年をした娘は家を追い出され、旦那のアパートへ。

なかなか仕事が見つからないけれど、妊婦に無理してほしくないからか?早期に仕事を辞めるよう言われ、妊娠4カ月で退職。

旦那の仕事が決まったのは出産2ヶ月前でした。

旦那は貯金ゼロ。わずかにあった私の貯金で生活していたので、仕事が決まった時は本当に安堵しました。

が…全く合わない。

毎朝、駅まで一緒に歩いている間、ずっと負の言葉しか出てこない旦那。

代われるものなら代わりたい。辛い気持ちでこれから1時間電車に揺られるのかと思うと、別れて家に帰る私は通勤に向かう人達とすれ違う毎朝泣いている妊婦。今思うと異様な光景ですね。

で、毎日励ましのメールを送る。ある日、毎日同じような言葉しかかけてこない。何も考えて無いとしか思えない。と言われかなりショックでした。確かに言葉を発するのが苦手な私。あの頃は旦那も私も共に辛い時期でした。

それでも毎日、出勤する旦那。

結婚自体反対されていたため、親からはなんの助けもなく、救いは出産がとても安産だったこと。

病院に着いて15分程で産まれて、立会いの旦那も楽だったことでしょう。

退院して直ぐに犬の散歩に行きましたからね〜

で、出産後1カ月。試用期間の3カ月で旦那は仕事を辞めました。そしてみずから心療内科へ。

うつの診断。3カ月の休養が必要とのこと。

2人での初育児スタートです。

生活はかなり苦しかったけど、初めてをたくさん見れたよい時期だったと思います。

3カ月間は仕事探しもせず、2人で育児。

結局、借金生活に突入です。3カ月しっかり休んでからゆるりと仕事を探しだし、決まるも、また3カ月で退社。

長女が10ヶ月になって私が先に仕事を見つけ、その1カ月後に旦那は今の仕事に。

約1年で借金返済。

そして2年過ぎてローンが組めるようになり、マイホーム購入。20代のパパは本当に頑張ってくれていると思います。

今、旦那がうつだった出産当時を思い出しても涙が出ます。でも、いつか必ず状況は変わる!

そして今では三姉妹の親をやらせてもらってます。何だかスゴイな〜と、改めていろんな事に感謝です。